M&A実行支援

・バイサイド(買い手)支援

バイサイド支援の主な内容は以下の通りです。

  • 財務税務デューデリジェンス(=財務税務DD)
  • 企業価値評価、株式価値評価 など

財務税務DDとは、企業買収等のM&A取引の実行にあたって、対象会社(事業)の財務税務の状況、リスク、課題等を分析・検討する調査のことをいいます。取引価額や契約書に反映すべき事項を識別したり、投資判断に資する情報を得る目的で実施するものであるため、M&A取引の実行に際して不可欠なものです。弊所は大手アカウンティングファームでの多くの実務実績を有した専門家として、対象会社(事業)の規模や性質、取引スキーム、お客様の目的やニーズに適した財務税務DDサービスを提供することが可能です。
また、価値評価についても、各DDチームとしっかりと連携したうえで、対象会社(事業)の適正な価値評価を行います。
(なお、財務税務DDと同時に提供させていただく場合は、より効率的なサービス提供が可能となります)

・セルサイド(売り手)支援

セルサイド支援の主な内容は以下の通りです。

  • セルサイドデューデリジェンス
  • バイサイドデューデリジェンスの受入サポート
  • カーブアウトFS(=財務諸表)の作成支援 など

セルサイドデューデリジェンス(=セルサイドDD)とは、文字通り、買い手ではなくて、売り手が自社に対して行うDDのことをいいます。
それではなぜ、セルサイドDDが必要なのか?それは、買い手のDDに十分に対処できるように、あらかじめ自社の問題点を把握して、その対策を講じることによって、M&Aの成功率を高めることができるためです。あらかじめ問題点を把握しておくことで、買手からの問い合わせにもスムーズに答えることが可能となり、交渉を円滑に進めることができます。そして何より、あらかじめ問題点を把握しているからこそ、不合理な値下げ圧力にも対抗することができるようになります。
「M&Aに不慣れで不安だ」「売却を有利に進めたい」等の思いを持たれている方は、お気軽にお問合せください。
また、バイサイドDDの受入れ作業に不安や懸念がある場合には、ご要望によりバイサイドDDの受入れサポートをいたしますので、お申し付けください。

カーブアウトFSとは、部門や事業を切り出して売却するときに必要となる、対象部門や事業単位の財務諸表のことをいいます。売却対象の部門や事業の財務諸表を従来より作成している場合は問題ないですが、作成されていない場合にはM&A取引のために新たに作成する必要があります。
このようなカーブアウトFSを新たに作成する場合には、間接業務コストの加味や退職給付の取扱い等のいわゆるスタンドアロン・イシューを洗い出し、必要に応じてカーブアウトFSに反映するといった特有の論点に対応する必要があります。そのため、適切なカーブアウトFSを作成するには、我々のような専門家が関与して作成されるケースも多くなっています。

お気軽にお問い合わせください。070-4397-1371受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。